入浴剤について詳しくはこちらから
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

入浴剤について詳しくはこちらから

¥0

送料についてはこちら

薬草湯の詳しい使い方はこちらから Pani Life でお取扱いさせていただいている薬草は全て 沖縄県宮古島市で大切に育てられた薬草です こだわりポイントは ● もちろん農薬不使用! ● 土にこだわっています 宮古島の土壌は元々アルカリ性ですが その中でも数値が高い場所を選び、 酒麹を混ぜ込んであります ● 葉を洗う時の水にもこだわっています 葉をきれいに洗う作業はとても手間のかかる作業ですが      という水を使い丁寧に洗ってくださっています (洗浄作業を怠ると雑味の原因のひとつだそうです) ● 茶葉の乾燥温度 新鮮な葉を酵素が壊れない温度で 丁寧にゆっくりと乾燥してくださっています ● 焙煎一切しません 契約してくださっている農家さんの薬草は 生に近い味や香りが最大の魅力です!こだわりポイントは全ての入浴剤に ”飲食用の良質な茶葉 " のみを使用しています ● 全て “ 飲食用の茶葉のみを使用 “ しています どうぞ安心して宮古島の大自然の恵をたっぷりと皮膚から吸収してくださいね [ ご使用方法 ] ❶ 浴槽にお湯をはります ❷ “ハーブ湯” を外袋から出しお湯に入れてから​優しく揉みます ​(補足:お鍋でパックを煮出し浴槽に入れて使うと​、 更に 効能・色・香りが出ます ※お持ち運びの際は取り扱いに十分に気を付けて行ってください) [ ご注意 ] ● “ハーブ湯”は、基本的に1回仕様です。​ ​ (2回使う場合は、初回使用後よく絞り水を切ります。​  タッパーやジップロック等に入れ、冷蔵庫で保管し、翌日までにお使いください。​) ● “ハーブ湯” 使用後、長時間放置しますと薬草の色が浴槽に着色することも ありますので使用後は速やかに排水してください ● 消費期限は2年間です 日光や蛍光灯の光などで葉が退色しますので(品質には問題ございません) なるべく光の当たらない場所での保管をお願いいたします [ 入浴後のハーブの活用法方 ] ❶ 冷蔵庫・靴箱・靴の消臭剤として  ①茶葉を不織布パックから取り出し乾燥させます  (新聞紙やザルに広げて天日干しするか、電子レンジで加熱する)    ②乾燥後、茶葉が入っていた不織布パックか出汁ぱっく等に入れご使用ください ​ ❷ 肥料にする​ ​  ❶-① と同様に乾燥させます  ②乾燥した茶葉を土と混ぜて使います。